悩みの解決記事はアクセスアップや収益化のチャンス

あなたが検索エンジンを利用する時はどのような状況でしょうか。

大きく分類すると「悩み(疑問)を解決したい時」に検索エンジンで調べ物をするはずです。この検索時に使用するキーワードを研究することで、商品やサービスに対して関心度の高い読者を集めることができます。

例えば、高校野球の夏の甲子園が盛り上がっている最中に、自宅のテレビが故障したとしましょう。金足農業の吉田投手の活躍は?大阪桐蔭高校は春夏連覇するのか?

高校野球ファンからしてみたら大ピンチです。大きな悩みです。

まず修理のために、「BRAVIA 故障」や「BRAVIA 映らない」などテレビを治すための検索することが考えられます。あるいは「甲子園 アプリ」、「高校野球 動画」など、代替手段を探すかもしれません。
 

例えば、明日、親友の結婚式なのに顔にニキビができてしまったとしましょう。

せっかく結婚式用のドレスも用意して、余興の練習も万全なのに、ニキビができてしまった。大ピンチです。そんな時は「ニキビ 治療」や「ニキビ 隠す メイク」といった検索方法が考えられます。
 

欲しい商品があった場合、「商品名 感想」や「商品名 レビュー」と検索することが想定できます。

「商品A 商品B 比較」と検索することも考えられます。転職を考えている人であれば「職務経歴書 テンプレート」や「転職サービス おすすめ」と検索するでしょう。「退職願 書き方」や「失業手当 手続き」で検索するかもしれません。

このように検索に使用されるであろうワードを書き出して、その文字を含めた興味を引くタイトルを考え、本文には解決法を書いていく必要があります。

人に相談しづらいことこそインターネットで検索する

もう一つ、検索を利用する代表的なタイミングがあります。それは人に相談しづらい内容です。

例えばダイエット。友人に自分の体重や体脂肪を打ち明けるのは恥ずかしいですよね。例えば頭髪。若くして薄くなってしまった状況を、友人に相談できますか?このようにコンプレックスに関わる内容もインターネットで検索される場合が多いです。

悩みを解決して、未来の自分が少しでも向上するような期待感を持ってもらうことが重要です。

この商品やサービスを使えば「自分にも同じような未来が訪れるかもしれない」といった期待を持った読者や、あなたの体験や感想に共感してくれる人が商品を買ってくれるのです。

情報という価値を提供し、対価として報酬を受け取る。この信頼関係を積み上げていくことにより、報酬額は向上していきます。

ヤフー知恵袋は悩みキーワードの宝庫

Yahoo!知恵袋とはYahoo! JAPANが運営する、参加者同士が質問したり、回答したりと、お互いに知恵や知識をQ&A方式で共有しているウェブサービスです。

Yahoo!知恵袋に投稿されている質問総数は約1億9千万件、回答総数は約4億7千万件という、日本中の悩みが詰まっているといっても過言ではありません。

Yahoo!知恵袋にアクセスして、さまざまなカテゴリをくまなく閲覧してみましょう。

数多くの悩みや回答が表示されるはずです。自分だけの悩みだと思っていたかもしれませんが、意外と同じ悩みを抱えている人は多いことに気づくはずです。

Yahoo!知恵袋であなたの得意分野を検索してみるのも良いでしょう。得意分野であれば、あなたなりの解決法を導き出せるはずです。

検索にヒットする質問が多いということは、それだけ悩んでいる人がいるということです。知恵袋に載っていないあなただけの解決法や、載ってはいるもののあなたの方が詳しく解説できるのであれば、どんどんブログ記事にしていきましょう。

そして忘れてはいけないのが、ブログの最後に「悩みを解決する一つの手段として」商品やサービスを紹介するということです。

人間は自分の状況が良くなるという期待感があれば、喜んで商品を購入します。Yahoo!知恵袋の情報を参考にして、読者に解決方法と明るい未来を提供しましょう。