YouTubeでの動画配信のはじめ方と副業収入を得る方法

2019年11月25日

本記事ではここ数年で一気に広まった動画配信、特にYouTubeでの副業について解説します。

スポンサーリンク

動画配信で生活するYouTuberの収入源

YouTuberの代表的な収益源は、自動的に配信される広告です。

YouTubeに動画をアップロードし、配信された広告を視聴者が閲覧したりクリックしたりすることによって収益を得ることができます。

配信される広告には様々な種類があり、動画再生前や再生途中に配信される広告や、動画の右側上部に配信されるディスプレイ広告、動画の下部に表示されるオーバーレイ広告が代表的です(赤枠で囲っている箇所が広告です)。

この配信される広告ですが、収益化プログラムを利用するためには一定の視聴時間やファン数(チャンネル登録者数)が必要となり、大半の動画配信者は収益を得られなくなりました。

それでもYouTuberを目指して動画を投稿するYouTuber予備軍は絶えません。

なぜなら条件を満たせばYouTubeの広告配信されるようになりますし、YouTube広告以外にも企業からの広告依頼で収入を得られる可能性も広がっているからです。

厳しくなったYouTubeの収益化条件

先ほど述べた通り、YouTubeの収益化条件が2018年2月20日に変更されました。

・チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間
・チャンネル登録者が 1,000 人

この2つの条件を満たすことがYouTube パートナープログラムの参加要件となりました。

さらに2019年6月には不当に炎上を招く、扇動する、または他者を侮辱するコンテンツには広告を配信しないという項目がガイドラインに追加されました。

これらの条件変更により、YouTubeから収益を得られる人は激減しました。

これからYouTuberを目指す人も、YouTubeパートナープログラムの参加要件を満たすには長い時間がかかります。 これだけを読むと、YouTubeで収益化を図るのは非常に高いハードルを感じます。しかしながら、視聴者に喜ばれる動画を作り、効果的に配信し続けることで、そのハードルは乗り越えることが可能です

1.YouTubeの始め方

2.YouTubeで動画再生数を増やすために大切なポイント

3.一生懸命作ったYouTube動画を拡散するポイント

4.動画の視聴データの確認や分析ができるYouTube アナリティクスを活用しよう

スポンサーリンク

Posted by 染谷昌利