ブログで取り扱うテーマを決めよう

ブログを始めるにあたり、ブログで取り扱うテーマをある程度決めておきましょう。

ノンジャンルで自分の考えや日々の出来事を日記的に綴ることも悪くはないですが、テーマを決めておくことでブログに一貫性をもたせることができます。自分の得意分野を発信することで、そのジャンルに詳しい人という印象を与えることもできますし、テーマが絞られているウェブサイトの方が検索結果の上位に表示されやすくなる傾向もあります。

ブログを通じて得たい成果は人によって違います。同じ趣味の友人を増やしたい人、有名人になりたい人、広告収入を得たい人、出版したい人等々…。目指すゴールが定まっているのであれば、そのゴールに準じたテーマを選ぶ必要があります。

目的地が決まっているのであれば、強いモチベーションで文章を投稿し続けられるはずです。

そこまで強い目的意識を持っていないのであれば、ひとまずあなたの得意な分野、あるいはこれから力を入れて学びたい分野を選択することをお薦めします。なぜならばブログを運営し始めてすぐにアクセス数が伸びたり、収益が発生したりするのは非常に稀です。

一定期間(最低でも一ヶ月)は記事を投稿し続けないと変化は生まれません。でも好きな分野であれば、すぐに成果に繋がらなくても記事を書き続けることができるでしょう。まずは書き続けるという行動が一番大切です。

なお、テーマによってはアクセスが集まりやすいジャンル、収益が大きくなりやすいジャンルも存在します。もし自分の得意分野、チャレンジしたい分野と共通する要素があれば、上手に組み合わせることで効率的にアクセス数の向上や成果の発生を見込むことが可能ですので、ぜひ試してみてください。以下、代表的なジャンルを載せておきますのでヒントとして活用してください。

アクセスを集めやすい傾向のジャンル

アクセスが集めやすいジャンルとして4つの事例を挙げて解説します。

1.鉄板(悩みの解決・体験記)

時期を問わずアクセスが期待できる鉄板のジャンルは存在します。

それは悩みの解決方法や、体験記、ノウハウ系の普遍的な情報です。例えばエクセルの使い方やiPhoneの使い方などに悩んだ時に検索しませんか?夏に向けてトレーニングやダイエットに励もうと思った際、効果的な筋トレ方法や、どんなダイエットサプリがマッチしているのか調べませんか?

あるいは夏休みの家族旅行先を選ぶ際に、オススメの観光地や、子連れで楽しめる海外旅行グッズなどを探してみたこともあるでしょう。レストランの評価も気になりますよね。

このような悩みのタネや体験談は、常々求められています。

これらの記事を多数掲載することで、安定したアクセスを狙うことが可能です。しかしながら、これらの鉄板キーワードはすでに競合も多いですので、より濃い内容・丁寧な内容の情報を心がけるか、自分の身体を使って実体験を載せるようなオリジナリティが重要となります。

2.トレンド(流行)

新製品の発売や注目の集まるイベントなどを積極的に記事にすることで、その情報を求めている読者層の流入を見込むことができます。

例えばiPhoneの新機種発表のタイミングに合わせて、解説記事を大量に投稿するといった具合です。今後は、ラグビーワールドカップや東京オリンピックに関する情報を準備しておくことで、シーズン直前から大きなアクセスを呼びこむことができるでしょう。

日本語だけでなく、海外からの旅行者向けに英語で会場案内やWi-Fiスポットの紹介、電車の乗り方などの解説を多言語でおこなっても良いでしょう。

3.シーズン(季節要因)

四季折々、季節に応じたキーワードが存在します。

夏休みや冬休みの家族旅行先、春休みの卒業旅行情報、海水浴場、スキー場、花火大会開場、七五三にお薦めの神社、小学生の夏休みの自由研究のテーマ、入学や卒業、季節に応じた野菜の育て方、資格試験の勉強法などなど。ざっと挙げただけでもこれだけ季節のキーワードがあるわけです。

これらの情報を効果的に発信することで、毎年、そのシーズンが訪れると自動的にアクセスが集まってくるブログになるわけです。また、ラグビーワールドカップや東京オリンピックも広い視野で考えるとシーズンキーワードに該当します。

4.エリア(地域情報)

旅行記や飲食店の食べ歩きなど、エリアを絞ることでその地域の情報を求めている読者を集めることが可能です。

「とよすと」や「多摩ポン」、「はまこれ横浜」は地域密着型のメディアとして、数多くの人に利用されています。自分がどこかに遊びに行く際、昔はガイドブックのお世話になりました。でも今はインターネット上の情報の方がよく読まれています。

シーズンと、エリアを組み合わせることも有効です。ラグビーワールドカップにちなんで、決勝戦の会場となる横浜周辺の飲食店や観光スポットを紹介することで集客に繋げることができるでしょう。東京オリンピックも同様で、各競技の開催場所近辺の情報を詳しく載せることでアクセスを集めることができます。

収益が大きい傾向のジャンル

収益化については別記事で詳しく解説しますが、さわりだけ載せておきます。

収益が大きくなる傾向の強いジャンルとして、以下の3つが挙げられます。
 

・そもそもの単価が高い業界(不動産、自動車、パソコン、旅行)
・一生涯における使用金額が大きい業界(保険、株・FX取引、キャッシング、クレジットカード)
・自己成長/キャリアアップ(就職・転職、資格、語学)

 

これらのジャンルに共通して言えることは、ライフタイムバリュー(一人の顧客が取引期間を通じて企業にもたらす利益)の大きい業界になっている点です。

一度、顧客になってもらえれば、生涯を通じて大きな利益を会社にもたらしてくれるお客との接点を持つために、企業は広告を出すわけです。その生涯利益が大きければ大きいほど、顧客獲得のための初期投資の金額も大きくできるので、結果として収益が伸びます。

もし自分の得意分野が、ライフタイムバリューの高い業界とマッチしていたら大きなチャンスです。宅地建物取引主任者の資格を持っている、不動産業界に勤めていたのであれば、リーズナブルにマンションを買う方法を解説したブログを書いても良いでしょう。英語が得意なのであれば、英語の勉強法の解説ブログを作ってもいいでしょう。

今は得意分野で無くても「英語を話せるようになりたい!」という強い意志があるのであれば、勉強記や英語教材の体験記を書いても良いでしょう。読者と一緒に努力している姿勢が感じられれば大きな共感を生んで応援してもらえるブログになります。

 
とにかく大切なのは目的をはっきりさせることと、自分ができることは何か認識しておくこと、そしてその情報が読者に喜ばれるかということを考えてテーマを決めることです。

最初からこの3点が定まっていれば好ましいですが、最初は1つしか決まっていなかったけれどもブログを運営していくうちに1つ1つ定めていくのでも構いません。一歩一歩、魅力的なブログに仕上げていきましょう。