複業という言葉を大げさに捉えていませんか?

2019年8月15日

複業、パラレルキャリアという言葉を見て、難しそう、自分には関係ないと思われる人も少なくありません。

・会社が忙しいのに、別のことをやっている時間がない
・自分にはお金を生み出すようなスキルはない

僕が「複業」をテーマにしたセミナーやワークショップでよく聞く言葉です。

確かに複業というと、複数の仕事を同時並行で進めていかなければいけないイメージがあります。コンビニや飲食店などで、時給で稼ぐスタイルの働き方が真っ先に頭に浮かぶ人も居るでしょう。

でも、複業ってそんなに畏まったスタイル、時間を切り売りするようなスタイルばかりではありません。気軽な思いで、自分の空いている時間を活用して、ひっそりと始めてもらえばいいんです。

・うちの会社は副業禁止だから

これもよく聞くフレーズです。

では趣味と副業の違いはなんでしょうか?一つの要素として収入が発生するかどうかということが挙げられます。

副業禁止の会社に勤務しているのであれば、急いで収益を発生させなくても構いません。いつでもお金を生み出せる状態にしておくことが重要です。準備さえしておけば、副業解禁された、あるいは会社を辞めた時に、広告を掲載したり、参加費をいただいたりして、すぐにお金を生み出せるようになります。

2つほど例を挙げます。

・キャンプが大好きな人

キャンプ場の予約、テントからコンロ、食材、キャンプファイヤー、朝食後のコーヒーまで全部準備するから、みんなで割り勘で遊びに行こうぜ!

↑趣味
↓複業

キャンプ場の予約、テントからコンロ、厳選された食材、キャンプファイヤー、朝食後のコーヒーまで全部準備するから、1,000円だけ原価に上乗せさせて。面倒な準備から片付けまで全部こっちでやるよ。

20人集めたら20,000円の利益も出る上に、参加者に喜んでもらえて、なおかつ自分も楽しい。月4回の土日で開催したら80,000円の収益になり、キャンプの楽しさに目覚めた仲間が増える。

・ハンドクラフトが趣味の人

公園のどんぐりを拾って、世界に一つだけしか無い手作りのアクセサリーを作る。

↑趣味
↓複業

どんぐりアクセサリーを1つ1000円で販売する。
どんぐりアクセサリーを自分で作れるようになる子供向けワークショップを主宰し、一人あたり500円の参加費をいただく。

・Excelが得意な人

自分の仕事の効率化のために、関数を活用する。
同僚に質問されたので、マニュアルを作成した。

↑趣味(本業?)
↓複業

カルチャーセンターでパソコン教室の講師になる。
Excelを教えるオンライン講座の先生になる。

いかがでしょうか?極論、飲み会の幹事を引き受けて、自分の飲み代を参加者の会費に上乗せして、自分の分はただ酒にするというのもある種の副収入です。

ほんの少し工夫することで、そしてお金をいただくという行動をすることで、趣味から副収入を生み出す仕事に変化するのです。

最初から直接的にお金を生み出す方法を選んでも良いですし、お金を生み出さない準備段階を選んでもOKです。大切なのは選択できる状態にしておくということです。

ぜひ気軽な気持ちで、自分の趣味や得意なことがお金になるのか考えてみてください。

スポンサーリンク