「はじめに」と「あとがき」を公開します

複業のトリセツの「はじめに」と「あとがき」を先行公開したいと思います。本文はデータと考え方とノウハウ、そして「はじめに」「あとがき」は想いです。この想いを感じてもらって、これは面白そうだぞと思ったらご予約いただけると嬉しいです。

はじめに 一億総複業時代のはじまり

昨今、「副業」という言葉がよく使われるようになりました。この本を手に取っていただいたあなたのまわりでも、副業に興味を持っている、あるいはすでに副業を始めている人も出てきているのではないでしょうか。

確かに以前から副業に寛容な企業もありました。リクルートやIT関連企業など、比較的、新しい働き方を提唱する企業がそうです。しかしながらここ数年、ロート製薬やコニカミノルタなどの歴史の長い企業、金融機関の中で先駆けて新生銀行が副業解禁に舵を切りました。

副業容認の大きな要因の一つとして、政府が掲げる「働き方改革」という方針が挙げられます。2018年1月には厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を発表しました。同時に同省が提示していた「モデル就業規則」を改定し、労働者の遵守事項の「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと。」という規定を削除し、副業・兼業について規定を新設しました(第14章第67条) 。

「副業・兼業の促進に関するガイドライン」については一章で詳しく解説しますが、モデル就業規則の内容が「原則副業禁止」から「原則副業自由」に転換されたわけです。労働者が自由な働き方を選択できるようになると、企業側も一社に縛り付けているような雇用形態では優秀な人材をつなぎ留められない時代に突入してくるわけです。

とは言え、副業OKと促されても、いきなり副業を始められる人は決して多くありません。週に3日ずつ複数の企業に勤務する、本業の時間外にアルバイトをする、自分の知識や経験を活かして講演する、情報発信して広告収入を得る、自作のアクセサリーを販売する、AirbnbやAnycaなどのシェアリングサービスや、マンションを購入して賃貸業を営む、などなど副業には様々な種類があります。

私は自分の力でお金を稼ぐ力を身につけることは、これからの激動の時代を楽しく生き抜く上で非常に重要な要素だと考えています。会社に勤めながらも、本業以外の仕事でお金を稼ぐことができたなら、稼ぐための準備をしていたなら、あるいはコネクションや能力を伸ばしておいたならば、急激な時代の変化に対応できるのです。

もっと言うならば、本業と副業のダブルワークだけでは足りません。本業と副業に加え、第三、第四の収益形態を組み合わせる「複業・パラレルワーク」の考え方が重要になります。

この書籍では、現在の日本の副業環境の解説から副業で収益を得るための方法、そして実際に複業によって多様な働き方を楽しんでいる人からのインタビューなど、あなたが一歩踏み出していける情報を提供していきます。

本は読むだけでは意味がありません。実際に行動に移せるように具体例を織り交ぜて執筆しました。本書がみなさんの変化の手助けになれば幸いです。

あとがき

ここまで本書をお読みいただき、誠にありがとうございました。昨今、副業、兼業、複業、パラレルキャリアと、さまざまな呼び名で新しい働き方を模索する動きが活発化しています。とはいえ、その新しい働き方にチャレンジしている人はまだまだ多くありません。

本文中にも書きましたが私はよく「知っているけどやらないことと、知らないからできないことはまったく違う」という話をします。知識を保有したうえで、やるかやらないかを「自分の意志できちんと選択している」ことが重要なのです。

自分で選んでいる生き方と、誰かの判断に流されている、あるいはそもそも選択肢があることすら気付かない生き方では1年後のポジションは大きく変わってくるでしょう。

人間は自分が認識できる範囲でしか選択できません。

自分が経験している、あるいは他者の経験(歴史)を学んでいるから、自分の望む未来の予測が行えるのです。視野が広がり、選択肢の幅が広がり、進む方向を選ぶことができるようになれば、自分の意志で生きている時間が増えていきます。結果として人生の自由度が上がるわけです。

自分の能力を高めたい、もっと豊かな暮らしをしたい、人脈を広げたい、老後のために蓄えを増やしたい。複業の方法や目的は人それぞれ違います。ポジティブな気持ちで複業に取り組むことも、ネガティブな恐怖心から副収入を得ようと考えることも自由です。そして正解もたった1つではありません。

世の中にはたくさんの事例が溢れています。その成功パターン・失敗パターンを学ぶことで、その中から「自分にとっての正解」を選択することができるようになります。本書では数多くの副業の紹介、複数人のインタビューなど、限られたページ数の中で可能な限りの選択肢を提案しています。

新しい何かをはじめるのか、現状のままの生活を続けるのか、選ぶのはあなたです。

「もう40代だから」、「もう50代だから」と不安に思う人もいるでしょう。安心してください、手遅れなんてことはありません。最初はみんな初心者です。スタートしようと思ったタイミングが、あなたの人生の中で一番若い時期です。

もう一度言います。今が一番若いんです。

後回しにすればするほど、選択肢は狭まります。本書の解説している複業であれば勇気なんて必要ありません。なぜならリスクを極限まで下げた複業を推奨しているからです。あなたに必要なのは知識と、ちょっとだけの行動力です。一度動き出せば、自転車のように、転げ落ちる雪玉のように加速度が増していきます。ぜひ一歩、前へ踏み出してみてください。

その一歩のきっかけが本書になれたのであれば、これほど嬉しいことはありません。